パソコン講習

パソコン講習の選び方

希望の多いワード、エクセル基礎レベルの講習については、ニーズに応じてご利用いただけるよう2つのコース(「短期集中コース」と「ゆったりコース」)の実施を予定しています。

短期集中コースは、自分のペースで段階的に受講することが可能です。
短期集中コースについては、以下の一覧を参考にしてください。
また、パソコン操作を新たに学習することに自信がなく、時間をかけて学習することを希望される方は「ゆったりコース」がオススメです。

2つのコースはレベルや内容によって重複受講できません。

短期集中コース一覧

① 入門

パソコン未経験者または初心者がパソコンの基礎知識、マウス操作、キーボード入力等の基本操作を学びます。文字入力がスムーズにできることを目標とします

テキスト代:無料

② ワード基礎習得

③ エクセル基礎習得

ワード、エクセルの基礎レベルの知識・操作方法を学びます。タイピング練習や問題演習を通して、基本的な操作に慣れることを目標とします。

対象となる方:
マウス操作、キーボード操作ができる方
(未経験者の方やマウス操作、キーボード操作、文字入力に自信のない方は、<①入門>を先に受講してください。)

ワード:基本操作、文書作成、文書の編集、表作成、図形の利用、はがきの作成

エクセル:基本操作、データ入力、表の編集、数式と関数、グラフ作成、データベースの利用

テキスト代:各¥1,800

④ ワード・エクセル実務総合

②・③基礎習得コースで学んだ基礎知識を使って練習問題を行っていきます。 より仕事に役立つ実務的な操作方法を学ぶとともに、オフィスワークに欠かせない情報セキュリティやインターネット検索の活用方法を習得します。

※テキストの内容に沿った解説ではなく、基礎知識を習得済みであることを前提とした問題演習となります。

対象となる方:
基礎習得コースを受講された方、またはマウス操作、キーボード操作に問題がなく、ワード・エクセルともに基礎の内容を理解されている方
(1日目・・・ワード基礎習得のテキスト、2日目・・・エクセル基礎習得のテキストをお持ちください。)

テキスト代:無料

⑤ ワード応用マスター

⑥ エクセル応用マスター

ワード・エクセルの応用レベルの知識・操作方法を学び、実際の業務で使いこなせるよう、実践的な問題演習を行います。

対象となる方:
マウス操作、キーボード操作に問題がなく、ワード・エクセルの基礎レベルの操作に習熟している方

ワード:スタイルの利用、セクション区切り、段組、図とグラフの利用、差込印刷、アウトラインの利用

エクセル:入力規則、リンク貼付、3D集計、さまざまな関数、条件付き書式、スパークライン、並べ替えと抽出、ピボットテーブル

テキスト代:各¥2,000

⑦ ワード資格試験対策

⑧ エクセル資格試験対策

マイクロソフト社の公認資格であるマイクロソフトオフィススペシャリスト資格試験を受験するための練習を行います。
(資格試験はコース内容に含まれませんので、各自で申込みが必要となります。)

対象となる方:
応用レベルまでの知識があり、操作方法に習熟している方

テキスト代:各¥1,900

⑨ パワーポイント基礎

プレゼンの資料を作成するソフトであるパワーポイントの基本操作として、基本的なスライド作成から特殊効果の機能までを学習します。

対象となる方:
ワード・エクセルの基礎レベル操作に習熟している方

テキスト代:各¥1,800

⑩ パワーポイント応用

他アプリケーションとのデータ連携やプレゼンテーション時の高度な効果活用など、より柔軟に活用するための操作方法を学びます。

対象となる方:
PowerPointの基本操作に習熟している方

テキスト代:¥2,000

セルフトレーニング

各パソコン講習で学んだ後、復習や練習のしたい点を自習できる場です。
講師による授業はありませんが、インストラクターがおりますので、分からないところを聞きながら効率的に自習できます。

就業支援講習会へ戻る
ページTOPへ